科学技術イノベーション政策の推進のためには、最先端の科学技術動向の把握と先見性のある将来展望が不可欠です。当研究所は、科学技術をベースとした将来展望の継続てな実施に加え、新しい予測手法の開拓に取り組んでいます。あわせて、各領域・分野で起こりつつある世界の先進的な科学技術動向を、外部とのネットワークも活用して見出し、定期的に情報発信しています。

科学技術予測

日本では、科学技術及び科学技術と将来社会との関わりを見通すため、1971年から約5年ごとに大規模な科学技術予測が継続的に実施されており、第5回調査(1992年)から当研究所が実施主体となっています。
当研究所の科学技術予測は、今後30年間という中長期の未来展望であること、多数の専門家が参加すること、及び、科学者・技術者といったシーズ側の視点だけでなく、需要側の視点や人文・社会科学の専門家の視点も取り入れた広範な議論を行っていることが特徴です。
デルファイアンケート、シナリオ作成、ワークショップなど複数の手法を組み合わせ、目指すべき社会の姿を描き、その実現に貢献する科学技術を抽出する試みを続けてきました。併せて、今後必要と考えられる新しい手法開拓にも取り組んでいます。
また、予測活動に関連する国際ネットワークの充実を進め、国際プロジェクトへ積極的に参加し、海外からの講師派遣などの要請にも応えています。新しい予測活動の模索とともに、これらの海外貢献によって、この分野で世界を常にリードしています。

<2035年のシナリオ>
▼未来の産業創造と社会変革に向けた新しいものづくりプラットフォーム▼ICTの活用による未来共創型サービス▼健康長寿社会の実現に向けた心身の健全化▼地域資源を活用した食料生産と生態系サービス▼大規模災害や少子高齢化等に対応するレジリエントな社会インフラ▼持続可能な未来構築に貢献するエネルギー・環境・資源

調査研究成果

科学技術予測調査

第5回調査(1992年)以降、科学技術の広範な分野を対象として中長期的な発展方向を見出すための大規模調査を5年ごとに行っています。2017年より、11回目に当たる大規模な科学技術調査を実施しています。

第11回科学技術予測調査の概要

[報告書]

[レポート]

<第10回調査>

<第9回調査>

<第8回調査>

科学技術予測に関するその他の調査研究

5年ごとの大規模調査結果をもとにした発展的分析、対象分野を特定した予測調査、新手法の検討、国際共同研究などを行っています。

科学技術予測に関する国際的活動

科学技術予測の今後の方向性、手法の開拓等について、各国・機関の専門家との情報交換と議論を行っています。また、新興国等を対象とした研修の実施、講師派遣などの国際貢献を継続しています。

ライブラリ(調査研究成果一覧)へ

科学技術動向

各分野・領域の科学技術の研究開発の方向性の変化、今後取り組むべき研究開発課題、科学技術システム諸要素の現状や問題点などについて、調査分析を行い、成果を発信しています。実施に当たっては、自ら情報収集・分析を行うとともに、専門家を招いての講演会開催、科学技術予測センターが運営する科学技術専門家ネットワークの利用等、外部専門家と協力しています。

調査研究成果

ホライズン・スキャニング

NISTEPのホライズン・スキャニング「KIDSASHI: Knowledge Integration through Detecting Signals by Assessing/Scanning the Horizon for Innovation」(きざし)は、体系的かつ継続的なモニタリングを通じて、将来社会に大きなインパクトをもたらす可能性のある新たな動きをエビデンスベースで見出し、潜在的な機会やリスクを把握する活動です。科学技術や社会に関わる新しい動きや変化の兆しを探索し、web上で情報提供します。現時点では、約300の大学等からのプレスリリースのクローリングを基にした分析と注目領域等に関する概説を「KIDSASHI」サイトに随時掲載しています。

また、手法や事例研究結果を報告書にとりまとめています。

科学技術関連情報の調査分析

「科学技術動向」レポートを発展させ、科学技術・学術・イノベーション政策に資する情報をとりまとめています。

  • 科学技術動向(No.1 (2001年4月)~)バックナンバー
  • 研究活動の方向性に関する調査分析

    研究活動の方向性の世界的変化や国内の現状を調査分析しています。
    <科学技術システム>

     

    ライブラリ(調査研究成果一覧)へ
    お知らせ

    科学技術予測センターでは、2000人規模の専門家ネットワークを運営し、科学技術に関するアンケート調査などを行っています。各領域で高い専門性をお持ちの方のご協力を求めています。ご興味のある方は科学技術予測センターまでご連絡ください。

    科学技術専門家ネットワーク

    関連するリンク

    現在、関連するリンクはありません。