科学技術イノベーション政策の推進のためには、将来を展望した科学技術予測と最先端の科学技術動向の把握が不可欠です。当研究所は、科学技術とその成果がもたらす将来を描くため、継続的な予測活動に加え、新しい予測手法の開拓に取り組んでいます。あわせて、各領域・分野で起こりつつある世界の先進的な科学技術動向を、外部とのネットワークも活用して見出し、定期的に情報発信しています。

科学技術予測

日本では、科学技術の将来を見通すため、1971年から約5年ごとに大規模な科学技術予測が継続的に実施されており、第5回調査(1992年)から当研究所が実施主体となっています。
当研究所の科学技術予測は、今後30年間という中長期の未来展望であること、多数の専門家が参加すること、及び、科学者・技術者といったシーズ側の視点だけでなく、需要側の視点や人文・社会科学の専門家の視点も取り入れた広範な議論を行っていることが特徴です。

デルファイアンケート、シナリオ作成、ワークショップなど複数の手法を組み合わせ、目指すべき社会の姿を描き、その実現に貢献する科学技術を抽出する試みを続けてきました。併せて、今後必要と考えられる新しい手法開拓にも取り組んでいます。
また、予測活動に関連する国際ネットワークの充実を進め、国際プロジェクトへ積極的に参加し、海外からの講師派遣などの要請にも応えています。新興国等を対象とした若手研修も毎年行っており、実習も含めた海外人材育成も実践しています。新しい予測活動の模索とともに、これらの海外貢献によって、この分野で世界を常にリードしています。
海外から招聘した若手研修生の実習風景

海外から招聘した若手研修生の実習風景

<2025年の生活シーン>
▼各種診断技術・システムが生活の中に適切に埋め込まれ、個人による健康維持が進み始めた社会▼様々なエネルギーを各個人が選択的に、あるいは総合的に価値判断して利用することが可能になり、温暖化防止や環境保全に人々が積極的に関わるようになった社会

▼環境変化がもたらす様々な災害に対応しはじめた社会

調査研究成果

科学技術予測報告書

第5回調査(1992年)以降、科学技術の広範な分野を対象として中長期的な発展方向を見出すための大規模調査を5年ごとに行っています。2013年より、10回目に当たる大規模な科学技術調査を実施しました。本調査では、将来社会ビジョンに関する検討及び分野別科学技術予測を経て、それらを統合するシナリオプランニングに向けた検討を行いました。

科学技術予測に関するその他の調査研究

5年ごとの大規模調査結果をもとにした発展的分析、対象分野を特定した予測調査、新手法の検討、国際共同研究などを行っています。

科学技術予測に関する国際的活動

科学技術予測の今後の方向性、手法の開拓等について、各国・機関の専門家との情報交換と議論を行っています。また、新興国等を対象とした研修の実施、講師派遣などの国際貢献を継続しています。

ライブラリ(調査研究成果一覧)へ

科学技術動向

各分野・領域の科学技術の研究開発の方向性の変化、今後取り組むべき研究開発課題、科学技術システム諸要素の現状や問題点などについて、調査分析を行い、成果を発信しています。実施に当たっては、自ら情報収集・分析を行うとともに、専門家を招いての講演会開催、科学技術予測センターが運営する科学技術専門家ネットワークの利用等、外部専門家と協力しています。
また、特定分野・領域の動向をより深く分析する試みとして、研究トレンドにおける世界と日本の比較、人材育成の問題点の抽出、大学の知財活動の変化、国際流動性の実態等を分析しています。このような分析をとおして課題の明確化を目指し、解決策へ向けての議論を促しています。

調査研究成果

従来の科学技術動向のレポートを発展させ、社会実装への展開も考慮しながら科学技術・学術・イノベーション政策に資する情報を「変化の兆し(ウィークシグナル)」を中心にお届けして参ります。

研究トレンドに関する調査研究

研究活動の方向性の世界的変化や国内の現状を、研究領域の変化、人材育成や人材流動の問題、知的財産等の観点から調査分析しています。

 

ライブラリ(調査研究成果一覧)へ
お知らせ

科学技術予測センターでは、2000人規模の専門家ネットワークを運営し、科学技術に関するアンケート調査などを行っています。各領域で高い専門性をお持ちの方のご協力を求めています。ご興味のある方は科学技術予測センターまでご連絡ください。

科学技術専門家ネットワーク

関連するリンク

現在、関連するリンクはありません。