STI Hz誌全体トップSTI Horizon

STI Horizon ( ISSN : 2189-8685 / ISSN-L: 2189-8685 )


科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が発行する「STI Horizon(エスティーアイ ホライズン)」誌は、科学技術・イノベーション政策に資する情報をお届けして参ります。


スペシャルレビュー(アンケート)を実施しております。当誌に関するご意見をお寄せください。

2020 春号 (Vol.6 No.1)

特別インタビュー

ほらいずん

目次:2019 冬号 (Vol.5 No.4)


はじめに

特別インタビュー

ナイスステップな研究者から見た変化の新潮流

ほらいずん

  • デルファイ調査の概要
    -科学技術発展の中長期展望-
    • 科学技術予測センター センター長 横尾 淑子
    • 「第11回科学技術予測調査デルファイ調査」において、2050年までの科学技術に関する専門家アンケートを実施した。その結果、想定される社会課題への対応の重要性、実現に向けた倫理的・法的・社会的課題対応の必要性等が明らかとなった。

  • 新しい創薬モダリティとしての核酸医薬の動向
    • 科学技術予測センター 主任研究官 伊藤 裕子
    • 新しい創薬モダリティとして核酸医薬が注目されている。現在までに市場に出たのは8品、うち5品が2016年以降に出た。核酸医薬は、標的まで薬を安定的に送達するDDS技術などが重要であり、技術の更なる進展により将来的には様々な疾患の治療薬として期待できる。

レポート

  • 企業年齢とイノベーション
    -成熟企業は若年企業に劣るか?-
    • 第1研究グループ 研究員 池田 雄哉、客員総括主任研究官 伊地知 寛博
    • 成熟企業はイノベーションで若年企業に劣るだろうか?本稿では企業年齢とイノベーションの関係について、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が実施した「全国イノベーション調査2018年調査」のデータを用いて分析する。

  • 科学技術に関する国民意識調査 -Society 5.0-
    • 第1調査研究グループ 上席研究官 細坪 護挙
    • 本稿では、2016年3月の超スマート社会(Society 5.0)に関する調査と同様、Sociey 5.0に対するより詳細な質問項目を設けることによって、世間一般におけるSociety 5.0に関する現時点での認識と経時的な意識変化を把握し、更に変化の背景について分析を行った。

tail