NISTEPの概要

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は、国の科学技術政策立案プロセスの一翼を担うために設置された国家行政組織法に基づく文部科学省直轄の国立試験研究機関であり、行政ニーズを的確にとらえ、意思決定過程への参画を含めた行政部局との連携、協力を行うことが期待されています。このため、科学技術・学術政策研究所は、以下の3つの役割を担っています。

科学技術・学術政策研究所の役割

組織概要

名 称 科学技術・学術政策研究所
National Institute of Science and Technology Policy (NISTEP)
所 長 加藤 重治
所在地 〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-2-2 中央合同庁舎7号館 東館16階
地図
沿 革
1988年7月 科学技術政策研究所設置(資源調査所改組)
2001年1月 文部省と科学技術庁が統合され文部科学省が発足(文部科学省の附属機関となる)
科学技術動向研究センター設置(第4調査研究グループ改組)
2002年7月 永田町合同庁舎(千代田区永田町)から郵政事業庁庁舎(千代田区霞ヶ関)移転
2004年1月 文部科学省ビル(千代田区丸の内)に移転
2006年4月 科学技術基盤調査研究室設置(情報分析課改組)
2008年1月 中央合同庁舎第7号館東館(千代田区霞が関)へ移転
政策研究大学院大学(GRIPS)にサテライトオフィスを設置
2013年7月 科学技術・学術政策研究所へ改組
2016年4月 調査研究グループの再編(第3調査研究グループを第2調査研究グループへ)
科学技術予測センター設置(科学技術動向研究センター改組)
予 算 約8億円(2017年度)
定 員 45名(2017年4月時点)