データ・情報基盤

科学技術イノベーション政策に関する世論調査
「くらしと科学技術に関する意識調査」に関する報告書・個票データ等の公開について

公開成果物

1. 科学技術イノベーション政策に関する世論調査報告書(日のみ)
2. 調査票(日
3. 個票データ(.xlsx 及び .sav) 
4. 科学技術イノベーション政策に関する世論調査データフォーマット
5. 世論調査結果のインフォグラフィクス(日
6. ヴィクトリアセグメント(科学・技術への関心によるセグメント)のインフォグラフィクス(日
7. PESTI(=ペスティ)セグメント(科学技術イノベーション政策への参画によるセグメント)のインフォグラフィクス(日

公開日

2016年4月1日

データ公開にあたって

1.公開成果物の原作者

PESTI(=ペスティ)プロジェクト(代表者:加納圭、質問紙設計メンバー:菅万希子、吉澤剛、工藤充、水町衣里、加納圭)

※PESTIプロジェクトとは・・・

科学技術イノベーションに対する国民のニーズを反映した政策形成を目指し、京都大学、大阪大学、神戸大学、滋賀大学、鳥取大学、帝塚山大学の6大学に所属する研究者らが、2012年に始めた研究開発プロジェクトです。独立行政法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)が 実施する「戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発):科学技術イノベーション政策のための科学研究開発プログラム」の一つとして、また文部科学省が進める「科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』推進事業」(SciREX=サイレックス)の一部としても位置づけられています。PESTIプロジェクトは2016年3月31日に研究開発を終了し、研究開発成果は一般社団法人社会対話技術研究所に引き継がれました。

PESTIプロジェクト:http://www.pesti.jp/
一般社団法人社会対話技術研究所:http://www.socialdisk.or.jp/

2.質問紙設計のねらい

本世論調査で使用した質問紙は「科学技術イノベーション政策に関する国民のニーズ・意見や関与等を調査して、 幅広く国民が政策形成のプロセスに参画できる社会システムの構築を推進する」という目的にそって設計されています。

3.著作権

<公開成果物の著作権について>
公開成果物内に含まれるデータ、グラフ、表は、下記クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの条件のもとで公開されています。データ、グラフ、表の利用の際は「質問紙設計のねらい」をご参考ください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示—非営利—継承 4.0 国際

https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/4.0/deed.ja

by-nc-sa

4.免責条項

(1) PESTIプロジェクト及びNISTEPは、本ウェブページ、本ウェブページで提供されるデータおよびデータに付与された各ライセンスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。PESTIプロジェクト及びNISTEPは、ユーザーに対し、かかる瑕疵を除去してデータを提供する義務を負いません。
(2) PESTIプロジェクト及びNISTEPは、本ウェブページで提供されるデータまたは各ライセンスの解釈適用に関連してユーザーまたはユーザーと第三者との間で生じた、いかなる形態での紛争またはあらゆる損害について一切の責任を負いません。
(3) PESTIプロジェクト及びNISTEPは、本ウェブページにおいてデータが常に提供されることを保証しません。PESTIプロジェクト及びNISTEPは、本ウェブページのシステムの保守点検といった理由を問わず、本ウェブページにおいてデータが提供できない事態が発生したことによってユーザーまたは第三者に生じるあらゆる損害について一切の責任を負いません。

「科学技術イノベーション政策に関する世論調査:くらしと科学技術に関する意識調査に関する報告書とローデータ」への問い合わせ先

PESTIプロジェクト もしくは 一般社団法人社会対話技術研究所
加納圭(PESTI・代表、一般社団法人社会対話技術研究所・代表理事)
kkano@edu.shiga-u.ac.jp もしくは keikanouu@gmail.com