我々の日常生活や社会の基盤となる科学技術の高度化・複雑化に伴い、科学技術人材の活躍は一層重要となっています。我が国が科学技術による成果やイノベーションを継続的に生み出していくためには、大学、公的研究機関や民間企業など様々なセクターにおいて日本や世界をリードする人材の育成に今まで以上に力を入れ、その能力を発揮できる環境を整えることが重要な課題となります。
一方で、将来の活躍が期待される科学技術人材の育成のためには、制度やキャリアの状況を把握するだけではなく、人材育成の現場やキャリアパス構築を進める上での問題点や課題を的確に把握し、課題を解決する道筋を示すことが必要です。このような問題意識の下、当研究所では、大学や大学院等の科学技術人材の育成や研究者の国際移動を含むキャリアパスの実態等を調査し、我が国の科学技術イノベーションの推進や学術の活動を支える人材を巡る諸課題の解明と分析に取り組んでいます。

調査研究成果

科学技術人材の育成に関する調査研究

我が国の大学・大学院では、質の高い教育や研究を通じた人材育成、教育の組織的展開の強化(実質化)を進めるために、様々な特徴的な取組を実施しようとしています。
本調査研究では、主に博士課程での日本の大学院の教育・研究、人材育成の状況や、世界各国の大学での取組と日本の状況の比較などを通じて、人材育成に関する実態把握と今後に向けた課題を明らかにすることを目的としています。

科学技術人材の進路、キャリアパス構築に関する調査研究

我が国の博士やポストドクターは、若手研究者としてのキャリアを積み、大学や公的研究機関において活躍していますが、近年は民間企業等へ活躍の場が広がり、進路選択やキャリアパスは今まで以上に拡大、多様化しています。
本調査研究では、主に博士課程学生やポストドクターに焦点を当て、博士課程修了後の進路選択、進路選択後の多様な場での活躍や移動状況の把握分析に取り組んでいます。

 

科学技術人材の多様性・流動性に関する調査研究

我が国の科学技術人材が優れた研究を行う上では、研究者の機関間移動などの流動性を高め、互いに切磋琢磨する環境を生み出すことが求められます。また、女性研究者や外国人研究者の活用等人材の多様性を確保することによって、優れた成果の創出につながることが期待されます。
本調査研究は、科学技術人材の流動や移動、多様性に関する客観的な評価指標や定量データの獲得、データの分析を行っています。

科学技術人材に関連したその他の調査研究

日本の科学技術の推進と発展に寄与する人材を巡る諸課題の発見と解明に関連して、科学技術に携わる人材が働く環境や研究時間、処遇などに関する調査・研究を行っています。

ライブラリ(調査研究成果一覧)へ

博士人材データベースの構築

科学技術によるイノベーション促進の担い手として産学官より期待されている博士人材の活躍を把握することを目的に、博士人材課程修了者の属性や、終了後の継続的なキャリアを追跡する情報基盤として、博士人材データベースを開始しました。

お知らせ

関連するリンク

報告書