科学技術予測センター 上席研究官 林 和弘

役職 科学技術予測センター 上席研究官 林 和弘
氏名(よみ) 林 和弘(はやし かずひろ)
学歴・学位 東京大学大学院理学系研究科化学専攻博士課程中退 (修士(化学))
主な経歴 1995年ごろより日本化学会の英文誌の電子ジャーナル化と事業化を大学院時代のアルバイトを端緒に行う。電子投稿査読,XML出版,J-STAGEの改善,電子ジャーナル事業の確立と宣伝活動など,広いフェーズで実務に基づき考察と改善を加え,当該誌を世界最速クラスで発行する電子ジャーナルに整え,2005年にはオープンアクセス対応を開始し,電子書籍(ePub)対応の技術立証も行った。科学がわかり、ITスキルで情報サービスを開発した知見、経験を生かして日本学術会議,SPARC Japanなどを通じて日本発の情報発信をより魅力的にするための活動も行う。電子ジャーナルを中心とした学術情報流通の将来と次世代の研究者コミュニケーションのあり方についても興味を持ち,2012年より文部科学省科学技術政策研究所において政策科学研究に取り組み、科学技術動向ならびに予測調査や研究力を定量的に把握する手法の開発にも取り組んでいる。
研究分野 オープンサイエンス、科学技術・学術情報流通、電子ジャーナル、学術出版、オープンアクセス、計量書誌学、科学計量学、政策科学
所属学協会 研究・技術計画学会、アメリカ化学会、日本化学会、情報科学技術情報協会、学術XML推進協議会
受賞歴 情報科学技術協会研究発表賞(2012)