ご挨拶

坪井所長科学技術・学術政策研究所は昭和63(1988)年に、科学技術政策の立案の基礎となる調査研究を行う機関である「科学技術政策研究所」として発足しました。平成25(2013)年に、学術の振興に関する調査研究を業務に追加し、名称を「科学技術・学術政策研究所」と改め、科学技術や学術の振興に関する政策立案に資する調査研究を実施しております。

我が国が持続的に成長し発展していくために、科学技術イノベーションへの期待がますます大きくなってきています。当研究所では、時代の変化を捉えながら、科学技術人材、科学技術予測、科学技術指標等の多様な調査研究を実施することにより、科学技術イノベーション政策の企画立案・推進に不可欠な基盤的なデータの蓄積に努めております。また、文部科学省に設置されている国立試験研究機関としての特長を活かし、科学技術基本計画の策定支援やフォローアップ等、我が国の科学技術政策の企画立案、推進と直結した研究活動に積極的に取り組んでいます。こうした調査研究活動を通して、政府全体で推進している、証拠に基づく政策立案(EBPM:エビデンス・ベースド・ポリシー・メイキング)の取組も支援してまいります。

また、調査研究の推進に当たっては、欧米やアジア諸国等の研究機関との共同研究に取り組む他、政策研究大学院大学、大阪大学、一橋大学、早稲田大学、科学技術振興機構、経済産業研究所と組織間の協力を積極的に進めています。

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は、本年、「科学技術政策研究所」としての発足から創立30周年を迎えます。引き続き、科学技術イノベーション政策研究の中核機関として、国内外の関係行政機関、大学等の研究機関等との連携を進め、ニーズを的確に捉えるとともに発信能力を強化し、調査研究活動を展開してまいります。皆様方の御支援、御協力をお願い申し上げます。

平成30(2018)年1月
文部科学省 科学技術・学術政策研究所
所長 坪井 裕